お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 【西国三十三所観音集会図】修復勧募のお願い

【西国三十三所観音集会図】修復勧募のお願い

お知らせ

2021.10.22

西国三十三所 草創一千三百年記念事業

「西国三十三所観音集会図」並びに「本堂仏具」の修復勧募のお願い

 

 西国三十三所は日本最古の巡礼道として、1300年の節目を迎えました。

 草創以来、絶えることなく多くの人々がこの巡礼道を行き交い、観音様の大慈大悲に触れてこられました。

 来る令和5年4月15日、西国三十三所草創1300年記念事業の結願大法会を当山 中山寺で執行いたします。この勝縁を迎えるにあたり、西国三十三の観音さまが中山寺に来迎するさまを描いた「西国三十三所観音集会図(しゅえず)」と「本堂仏具」の修復を発願いたしました。

 この集会図は縦210㎝×横135㎝と大ぶりで、中山寺御本尊の御厨子を中心に、上半分には観音浄土から来迎する西国札所の観音さま、下半分には中山寺の伽藍を金箔金泥を用いて壮麗に表しております。令和二年に京都国立博物館で催された「西国三十三所の信仰と至宝 聖地をたずねて」にも出陳されるなど、後世に伝えるべき貴重な絵図でございます。

 観音さまへの報恩感謝、ご先祖さまへの追善供養、ご家族やご自身にご加護がありますよう、西国三十三所発祥の地「極楽中心中山寺」の御本尊 十一面観世音菩薩を荘厳する仏具の修復とあわせて、皆さまのお力添えを切にお願い申し上げます。

 

【受付場所】中山寺 寺務所

【受付期間】令和3年8月9日~令和5年2月末迄を予定

※詳細はお電話にてお問合せください。

☎0797-87-0024(9時~16時)

ご祈祷一覧

ご供養一覧