親から子へ、子から孫へ伝えゆく大切な想い

ご先祖さまや故人さまのためのご供養を回向(えこう)と言います。回向とは仏教の言葉で、「善い行いによって得た功徳を他の人に回し向ける、与える」という意味になります。つまりご供養とは、亡くなった方のために、生きている我々が代わりに功徳を積み、その功徳を差し上げるということなのです。

ご供養関係の受付・ご相談は阿弥陀堂にて行っており、経木塔婆を浄書し、僧侶が読経してご供養をいたします。読経が終わりましたら経木塔婆をお渡ししますので、ご自身で塔婆供養を行っていただきます。

この読経や塔婆供養が善行とされており、ここで得られた功徳が亡くなった方のために捧げられるのです。どうぞご先祖さまや故人さまを大切になさってください。

各種ご供養に関するお問い合せ

ご供養と一口に言っても、お一人おひとりの状況はさまざまで複雑な場合が多いです。当山の阿弥陀堂では、僧侶が常駐しておりますので、まずは一度お越しいただきご相談ください。遠方でお越しになれない方はお電話でも受け付けております。

お問い合せ先